【重要】自宅で自分で介護脱毛するための事前準備!必要な物まとめ

セルフVIO脱毛事前準備

自宅で自分で介護脱毛(VIO脱毛)していると、「あー、アレあると良かったのに~!」と思うことがよくあります。

というわけで、VIO脱毛するために必要な物、私があったら良かった、あって良かったと思うものをまとめました。

絶対に必要なものは、家庭用脱毛器ですけどね(笑)

最低限必要なもの、あると便利なものに分けているので、両方チェックしてくださいね。

自宅で自分で介護脱毛するために絶対必要なもの

絶対に必要なもの
  • 家庭用脱毛器
  • シェーバー OR カミソリ
  • 白いショーツ(お古でOK)

この4つは絶対に必要なものです。

必要なもの1. 家庭用脱毛器

スムーズスキンピュアの画像

まずは、家庭用脱毛器がないとはじまりません!私が持っているのはスムーズスキンピュアオーパスビューティー03です。

スムーズスキンピュアはIPLの光脱毛器でVラインにかなり効果を発揮!

オーパスビューティー03は白髪もOKの蓄熱式タイプで、I・Oラインも痛みをほとんど感じず脱毛できます。

まだ家庭用脱毛器を持っていない人は、VIOも使えるオーパスビューティー03を購入することをおすすめします。


使用レビュー白髪ありの介護脱毛!蓄熱式オーパスビューティー03がおすすめ!

関連記事  VIO脱毛をセルフでしたい人は脱毛器必須!おすすめ3選を比較

必要なもの2. シェーバーかカミソリ

Schick(シック)のハイドロシルク トリムスタイルの商品画像

VIO脱毛の前には生えているアンダーヘアの処理が必須!カミソリでもいいんですが、役立つのがVIO用のシェーバー。

私はドラッグストアで買えるSchick(シック)のハイドロシルク トリムスタイルを持っていますが、おすすめはパナソニックの「フェリエ」!

年内には買い直そうと思っています。

関連記事  VIOシェーバーのおすすめはパナソニック!でもシックを愛用中

必要なもの3. 鏡

見えにくいI・Oラインの脱毛には鏡が必須!自立できるタイプじゃないと、使えません・・・。

今から買うなら、鏡の縁にライトが付いているものがおすすめ!

ライト付き鏡がないときは、別に照明を用意しておくのがベスト!

必要なもの4.白いショーツ

白のショーツは、VIO脱毛で照射してはいけない粘膜部を保護するために使います。フラッシュに反応しないように、白などの明るい色じゃないといけません。

もちろん、新品である必要はないので、使い古しでOK!

自宅で自分で介護脱毛するために、あったら便利なもの

あったら便利なもの
  • 照明
  • 保冷剤
  • 保湿剤
  • 古いバスタオルや古着
  • コロコロ

1. 照明

照明は先ほど書いた通り、鏡とセットで使います。ライト付き鏡があればいいのですが、ない場合はデリケートゾーンをライトアップできるものを用意しておくと便利!

2. 保冷剤

保冷剤は家庭用脱毛器での照射前・照射後に脱毛部を冷やすため。とくにVIOは痛みを感じやすい部分なので、不安な人は用意しておくといいですよ。

オーパスビューティー03は冷却機能搭載なので、保冷剤は不要です。

3. 保湿剤

保湿剤は必要ないかもしれませんが、光脱毛は熱が生じるので乾燥する人もけっこういます。使うなら、抗炎症成分入りのものがいいかもしれません。

4. 古いバスタオルや古着

古いバスタオルや古着などは、シェーバーやカミソリで事前脱毛しておくときに下に敷くと便利。もう捨ててもいいものを使うこと。

新聞でもいいですが、肌にインクがつくこともありますから(笑)

5. コロコロ

粘着タイプのコロコロも事前脱毛の片づけで使います。タオルなどを敷いていても、意外なところまで飛び散っていることがあるので。

後で掃除機をかけるなら、必要ではありません。

自宅で自分で介護脱毛するために必要なものまとめ

絶対に必要なもの
  • 家庭用脱毛器
  • シェーバー OR カミソリ
  • 白いショーツ(お古でOK)
あったら便利なもの
  • 照明
  • 保冷剤
  • 保湿剤
  • 古いバスタオルや古着
  • コロコロ

自宅で自分で介護脱毛するために絶対必要なもの4つ、あったら便利なもの5つです。

人によっては要らないものもあるでしょうから、まずは絶対に必要なものから揃えてくださいね。

関連記事【完全版】介護脱毛まとめ!デメリットは?白髪は?やるべき?

コメント

タイトルとURLをコピーしました