VIOシェーバーのおすすめはパナソニック!でもシックを愛用中

セルフVIO脱毛事前準備

脱毛器で照射する前に、絶対必要なのがVIOシェーバー。愛用しているのは、Schick(シック)のハイドロシルク トリムスタイルです。

これはこれで十分機能を果たしてくれていますが、今から買う人にはパナソニックの「フェリエ」をおすすめしたい!

私がフェリエをおすすめする理由と、「Schick(シック)でいいよ~」という人のために、Schick(シック)のメリット・デメリットをお伝えします。

関連記事【重要】自宅で自分で介護脱毛するための事前準備!必要な物まとめ

【結論】VIOシェーバーを買う予定ならパナソニックの「フェリエ」がおすすめ!

私も、パナソニックの「フェリエ」が欲しいです・・・。その理由はこちら↓

  • 防水仕様だからお風呂で使える
  • 豊富なアタッチメントで好みの仕上げが可能
  • I・Oとも脱毛しやすい安全設計
  • 乾電池式なので途中で使えなくなる心配なし
  • 電源がオン・オフ式

防水仕様だからお風呂で使える

パナソニックの「フェリエ」は防水仕様。だから、本体を丸ごと水で洗えます!

でも、「除毛は毛が乾いた状態でのご使用をおすすめします」との注意書きもあり。確かに、濡れて束になっているより、乾いているときの方が脱毛しやすいですよね。

  • お風呂で処理すれば、体に密着した毛をすぐに洗い流せる。
  • ついでにフェリエも洗うことができる。

と、考えて使うのがベスト♪

豊富なアタッチメントで好みの仕上げが可能

フェリエには2種類のヘッド(トリマー刃&ネット刃)と2種類のアタッチメント付属しています。つまり、

  • トリマー刃
  • ネット刃
  • ボリュームダウンコーム
  • スキンガード

この4つを駆使することで、VIOのつるつる仕上げやボリュームダウン仕上げなど、お好みのスタイルが実現!

家庭用脱毛器で照射する前だけでなく、形をデザインするときにも役立ちそう♪

I・Oとも脱毛しやすい安全設計

IラインとOラインは、粘膜部分に近いので慎重に処理しないといけない部分。ここの脱毛に役立つのが、スキンガードです。

トリマー刃にスキンガードを付けることで、安全にI・O部分の毛の長さを短くカット!

そのあとは可動刃が直接肌に触れないネット刃を使うことで、チクチク感のない“つるすべに仕上げ”が可能です。

乾電池式なので途中で使えなくなる心配なし

充電式のシェーバーは、途中でパワーが弱くなったり切れたりすると本当に困ります。とくにVIO脱毛に慣れないうちは、予想以上に時間がかかることも!

フェリエの電源は乾電池、単3形アルカリ乾電池1本で動きます。予備の電池を用意しておけば、パワーダウンでも交換するだけ♪

シェーバーや脱毛器は、ACアダプター接続か電池式がおすすめです。

電源がオン・オフ式

パナソニックのフェリエには、本体側面に電源のオン・オフスイッチがあります。

電源スイッチがあるのは当たり前ですが、実はSchick(シック)のハイドロシルク トリムスタイルは電源を押したときだけ動く仕組み。

これがけっこう不便だったんで、フェリエが欲しい理由のひとつなんです(泣)

Schick(シック)ハイドロシルクトリムスタイルのレビュー

Schick(シック)のハイドロシルク トリムスタイルの商品画像

私がVIOもモサ毛を何とかしようと思って買ったのが、Schick(シック)のハイドロシルク トリムスタイル。

乾電池式でお風呂で使えるのもフェリエと一緒。

ドラッグストアで1,400円ぐらい。すぐにVIOシェーバーが欲しい人には、気軽に買える値段ですよね。

Schick(シック)のハイドロシルク トリムスタイル

ボディ用の方は5枚刃を採用。

上下に小さな丸いものが並んでいるのは、水に触れると溶け出すモイスチャー美容ジェル。なめらかで快適な剃り心地を実現しています。

お風呂で腕や足のムダ毛を処理したあと、しっとりうるおう♪Schick(シック)は、カミソリにジェルや石けんがくっついたシリーズが多くて重宝します♪

Schick(シック)のハイドロシルク トリムスタイル

反対側がトリマー刃。

スムーズスキンピュアでVIOセルフ脱毛するための事前準備として使っているので、私がメインに使用するのはアタッチメントなしのトリマー刃です。

Schick(シック)のハイドロシルク トリムスタイル

トリマー刃にアタッチメントをかぶせたところ。スライドさせると4段階の長さに調整可能。

Schick(シック)ハイドロシルク トリムスタイルのデメリット

  • 電源ボタンを押しっぱなしにしないと動かない

付属品の少なさとかは商品が違うのでメリット・デメリットの比較にはなりませんが、一番不便だと感じたのが、この電源の仕組み。

押したときだけ動くのは安全設計上はいいんですが、微妙に角度を変えたりすると止まることがよくあります・・・。

指も疲れてくるし、電源オン・オフ切り替えだとよかったですね。

Schick(シック)ハイドロシルク トリムスタイルのメリット

  • 価格が安い
  • ドラッグストアで買える

Schick(シック)のハイドロシルクトリムスタイルの定価は、1,408円(税込)。デリケートゾーンの脱毛シェーバーとしては、かなりプチプラです。

ドラッグストアで買える点も魅力。買い物ついでにポイっとカゴに入れました。

VIOシェーバーのおすすめまとめ

パナソニック「フェリエ」をおすすめする理由
  • 防水仕様だからお風呂で使える
  • 豊富なアタッチメントで好みの仕上げが可能
  • I・Oとも脱毛しやすい安全設計
  • 乾電池式なので途中で使えなくなる心配なし
  • 電源がオン・オフ式
Schick(シック)のハイドロシルクトリムスタイルのメリット
  • 価格が安い
  • ドラッグストアで買える
Schick(シック)のハイドロシルクトリムスタイルのデメリット
  • 電源ボタンを押しっぱなしにしないと動かない

お風呂で使えると乾電池式はパナソニック、Schick(シック)どちらも共通しています。

ただ、アタッチメントの多さとI・Oラインも使いやすい設計、電源がオン・オフ切り替えれるところで、パナソニックの「フェリエ」の方が快適に使えると判断します。

ただ、フェリエはSchick(シック)より3,000円ほど高いので、そのあたりがまだ踏み切れていない理由。

でも、年内には欲しいな・・・。

関連記事VIO脱毛をセルフでしたい人は脱毛器必須!おすすめ3選を比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました